2020
01.10

三瓶ランガンアジング

防波堤・岸壁


【釣行場所】
 西予市 三瓶町

仕事が終わってから長浜辺りに調査に行ってみようと思い家を出ました。
途中、ある商品を購入しようと釣具店をハシゴ、そのサイズだけがどこの店も売り切れていて購入できませんでした。知っている人は使っているんですね~(意味深)

長浜の予定でしたがベイトが気になって三瓶まで足を延ばすことにしました。
21時、年末からベイトが入っているポイントに到着。水面を覗いてみるとベイトがいない。抜けてしまっている・・・。月明かりが明るくて底まで丸見えになっている。
厳しい状況だけど、ちょっとだけ竿を出してみて釣れないなら場所移動することにした。

ジグヘッド0.8gにいつもならペケリングのグローチャートでスタートなのですが、今日はあまり使わないカラーでやってみようとグローチャートシルバーフレークでスタート。似てますけどね!笑
ボトム中心に狙ってみるけどアタリがない。やっぱり居ないんかな・・・。
何投かしているとベイトが少し出てきたけど数が少なすぎる。そして水面ではなく少し下に滞在している状況。今までとは全然違う。アジの姿も見えない。

この状況を自分なりに考えてみた。
①エサのベイトがいない→月明かりが明るくて常夜灯にプランクトンが集まっていない。
②水面にいないベイト→下から追われていないため水面に逃げていない。アジをはじめとするフィッシュイーターがいない。
③海底が見えるほど澄んでいる→見切られている可能性がある。

厳しいよ~

いつもと状況が違うので攻める場所を船影、常夜灯の届かない場所、ボトム中心にしてみましたがアタリすらない。やっぱりアジもいなくなったのかな?
アジは見えていないけど、どこにでもいる魚なので必ずいるはずと信じ、いつも釣れる足元の暗い部分をネチネチと攻めていたらやっぱりいた!

22:40まで足元で粘って釣れたのはMAX20cmまでのアジ4匹のみでした。

ベイトを探して場所移動。
2番目のポイントに22:55到着。2人先客がいるが入れるスペースは十分にあるので釣ってみることにした。ここは風が横から吹いていたのでジグヘッド1.2gでスタートしましたがラインが流されて沈まなかったので1.8gに変更しました。
ここもアタリが無いので30分ほどで切り上げました。

3番目のポイントに23:50到着。常夜灯周りで釣っているとアタリが何度かあったけど掛からない。豆アジなのか分からないけど正体を見たいと粘っていると釣れたのは通称キンギョでした・・・。

明日も仕事なのでそろそろ帰ろうと思いながらもキャストしているとやっとアジが釣れました。

しばらく追加を目指しましたが釣れないので1:20納竿にしました。

友人は佐田岬半島に行っていたのですがそちらも生命反応がほとんどなかったそうです。

【釣行日】
 令和2年1月10日
 ※釣り時間 21:15~1:20
 ※釣り場まで1時間25分 80km

【潮汐表】
 宇和島港(大潮)
 高潮 7:29 18:35
 低潮 0:32 13:07

【釣果】
 アジ 14~20cm 5匹

【仕掛け】
 ロッド:SHIMANO ソアレBB アジング S604ULS
 リール:EM MS2004H
 ライン:アジの糸 0.3号
 リーダー:シーガー 1.2号
 ジグヘッド:ジャッカル スイムジグヘッド 0.8g,1.2g
 ワーム:ジャッカル ペケリング 2.5インチ(グローチャートシルバーフレーク、チリメンモンスター、クリアーグロークラッシュ)
     ジャッカル アミアミ 2.3インチ(グロー)