2020
01.11

昨日は左!今日は右!

防波堤・岸壁


【釣行場所】
 伊方町 佐田岬半島

昨夜は三瓶に行きましたが年末からいたベイトが抜けてしまっていて残念な結果になってしまいました。また、友人も佐田岬半島をランガンしたそうですがアジの反応があったのは1ヶ所のみで他は生命反応がなかったそうです。ベイトが入っているところもあったけどアジは釣れなかったとのことでした。

ということでベイトが入っていたところとアジが釣れたところを聞いたので佐田岬半島に行ってきました。

1ヶ所目、昨日ベイトが入っていたということでしたがベイトはいませんでした。岸壁沿いから船溜まりまで探ってみましたが釣れるのはキンギョばかり・・・。2時間近くいましたがアジは釣れませんでした。

2ヶ所目、以前来た時にはベイトが溜まっていましたが今日はいませんでした。30分ほどの滞在でアタリなし。

3ヶ所目、ここも30分ぐらい竿を出してみましたがキンギョ1匹のみ。

4ヶ所目、昨日唯一アジが釣れたとの場所。2投目やっと釣れたかと思いましたが15cmぐらいのメバルでした。

場所を変えながら探っていくと良いアタリがあり、よく引っ張るので良型かと思いましたが釣れたのは20cmぐらいのカサゴでした。

そろそろ帰ろうかな?と思い帰る方向に車を走らせていると、そういえばまだ気になる場所が残っていたので寄ってみました。
5ヶ所目、人気の釣り場だけど1時も過ぎているので人は少ないだろうと思いましたが電気ウキがいっぱい並んでいました。しばらく眺めていましたが釣れていない様子だったので竿を出さずに来た道を戻りました。

6ヶ所目、干潮の時間帯なので水位は低く底が見えている感じでしたが竿を出してみました。時々アタリはあったのですがフッキングしませんでした。
そのうちに後から来た人がアジを掛けていました。本日目撃した唯一のアジ。ちょっとヤル気を出してしていたら、ん?アタリ!?と同時にドラグが出たのだけどリールを巻くのをやめると手に反応がありません。リールを巻くとドラグが出るので地球を釣ったみたい。
でも確かにアタリらしい手応えとドラグが出た!?しばらくそのままで待っているとやっぱり釣れている!根に潜っていたのが出て引っ張り出した。けど、またすぐに潜られてしまった。エステル0.3号なので無理はできないけどドラグを少し締めた。そして待つこと7~8分、ジリジリドラグを引っ張り出し泳ぎはじめたけど何もできないまま、また根に潜られる。
感覚でしかないんだけどおそらく30cmオーバーのビッグサイズのカサゴではないかと思った。27cmまでは釣ったことがあるけど楽に浮かすことはできた。しかし今掛かっている魚はどうにもならない
10~15分待ったけど動かないのと睡魔が襲ってきたので一か八かで強引にしゃくってみたらラインが切れた。4時納竿にして途中仮眠を取ってから帰った。

浮かせられなかったのは悔しい!

それにしても、どうしたアジ!!

年明けまでは釣れていたのに急に釣れなくなった。月明かりが明るいからなのか?水温が下がったのか?それとも南海トラフ巨大地震の予兆を感じているのか?

しまなみ・今治方面や宇和島方面はどうなんだろうな。

【釣行日】
 令和2年1月11日
 ※釣り時間 21:00~4:00
 ※釣り場まで1時間45分 95km

【潮汐表】
 宇和島港(大潮)
 高潮 8:07 19:17
 低潮 1:12 13:46

【釣果】
 メバル 14cm 1匹
 カサゴ 20cm 1匹

【仕掛け】
 ロッド:SHIMANO ソアレBB アジング S604ULS
 リール:EM MS2004H
 ライン:アジの糸 0.3号
 リーダー:シーガー 1.2号
 ジグヘッド:ジャッカル スイムジグヘッド 0.8g
 ワーム:ジャッカル ペケリング 2.5インチ(グローチャート)
     ジャッカル アミアミ 2.3インチ(グロー)