2016
05.07

下灘でサビキ釣り

防波堤・岸壁


【釣行場所】
 伊予市 下灘漁港

先日のコノシロを昆布締めにして食べたら美味しかったらしく、コノシロとサバを釣って昆布締めにしたいというカヨちゃんが、しきりに釣りに行こうって誘ってくる。私も先日コノシロが釣れなくて悔しい思いをしているので内心リベンジに行きたいと思っていました。

そんな訳で、先日、立ち寄った時に夕方から20cm前後のアジとコノシロが釣れていたので、今日はそれ狙いで夕まづめに行ってきました。

ところがどっこい。向かう道中の双海の海岸線が見たこともないほど引いていて砂浜が出ているではありませんか。満潮が22時前だから今が干潮の時間なんですね。
そして、今日明日は一年で最も干満差が大きい大潮の日なのです。

16時半、下灘に到着したのですが先日のようにたくさんの人がいません。階段状になっている釣り場の足元から2mぐらい下に水面があって、こんなに引いているのを見るのは初めてでした。

ここの水深は10m前後なので、4ヒロ+仕掛けでスタートしましたが、途中で1ヒロ深くしたらウキが寝たので0.5m浅くした約9mでスタートしました。

地元の人がいうには、コノシロとサバが釣れているらしい。
左右で釣られている方は、コノシロを4匹と1匹釣っているらしいが、右側の人は竿を置いてどこかに行っている。まあ、これだけ引いていたら釣れないんだろうね。

全然、アタリもなく釣れないまま時間が過ぎ、そろそろタイムアップの19時前。
釣れないからもう止めて帰ろうというカヨちゃんを横目に暗くなるまでという私。

写真 2016-05-07 21 01 57

19:00、暗くなってきたし、そろそろ終わりにしようかなと思っていたその時、ウキがスポッと入ったので巻いてみるが何も掛かっていない。
もう一度同じ辺りに仕掛けを投げると、またウキがスポッと入り、浮かんでから再度入ったので巻いてみると先日見たアジよりも一回り小さいアジが掛かっていました。
それからアタリが連発しだして周りの人も上がり始めましたが、夜釣りをする予定ではなかったのでケミホタルも懐中電灯もありません。15分後、暗くなってしまいウキが見えなくなったので仕方なく納竿にしました。

【釣行日】
 平成28年5月7日
 ※釣り時間 16:40~19:20
 ※40分 30km

【潮汐表】
 松山港(大潮)
 高潮 9:05 21:53
 低潮 3:09 15:18

【釣果】
 アジ 13~15cm 6匹

【仕掛け】
 サビキ釣り
  ハリ ピンクスキン5号
  ハリス 0.8号
  ウキ 6号