2020
01.02

新年初釣りはバケツから・・・

防波堤・岸壁


【釣行場所】
 宇和島市 由良半島

朝5時起き、妹家族&弟家族と一緒に由良半島に行ってきました。初めての場所なのでGoogleMapで周りの地形から釣れそうな魚を想像して準備しました。弟たちはどこかのサイトで見ていたらしくコブダイ、イラ、ハギ狙い。妹たちは釣れる魚。私はハタ、カサゴでも狙ってみようかなといったところです。
今回のエサは地エビ、ヤリイカ、耳イカ、イガイ、アオムシです。

目的の場所に到着すると先行者3人が先端部で釣っていましたので真ん中辺りで釣りました。
水深はおそらく25mぐらい。
持ち合わせのジグヘッドが1gと1.5gだったので1.5gをチョイスし、エビを付けて落とし込んでいくと途中で何かが突いてきて底まで持たない。イカに変えても底まで持たずにアタリがあって何かに引っかかってラインブレイクを繰り返す。
少し遠目を落としていこうと持ってきていた磯竿3号4.5m、道糸ナイロン2号に変更。道具箱の中にナス型オモリ8号とチヌ針2号、ハリス3号があったので仕掛けを作って底まで届かすことができるようになった。

着底後、底近くを上下して底物を狙っていたら引っ掛かった。外れないのでラインを切ろうと竿を真っ直ぐ垂直にして切ろうとするけど何か上がってきている感じ。ロープか何かに引っかかったのかな・・・。重たいだけ!ゴミにしろ魚にしろタモ網がないと上がらないので準備してもらう。
そして上がってきたのはバケツ!全員で爆笑。

次に釣れたのは、何?ハナダイ?見たことない魚でした。

後で調べると、オキゴンベという魚でした。

妹は水面を泳いでいるハリセンボンをタモ網で掬っている。愛嬌ある魚ですよね。

深すぎてナイロンラインではアタリが取りにくいので止め、元の仕掛けで陸地の捨て石周りカケ上がりでカサゴを狙うことにした。
1.5gのジグヘッドにイカを付けて10mぐらい沖に投げて底をチョンチョンしながら寄せてくるとアタリがあり、良型のカサゴがよくヒットしてきました。

弟たちはハギ狙いに専念していたようでそこそこの数を釣っていました。

【釣行日】
 令和2年1月2日
 ※釣り時間 7:50~14:00
 ※釣り場まで2時間05分 125km

【潮汐表】
 宇和島港(小潮)
 高潮 12:08 23:45
 低潮 5:11 18:21

【釣果】
 カサゴ 13匹
 メバル 1匹
 カワハギ 6匹
 ウマヅラハギ 1匹
 ハリセンボン 3匹
 など

【仕掛け】
 ロッド:プロマリン ライトエース アジメバル 70ML
 リール:レブロス2004
 ライン:PE0.3号
 リーダー:シーガー 1.5号
 ジグヘッド:DRAGON value JIGヘッドDART 1.5g