2018
03.29

鳥津漁港でサビキ釣りとメバリング

防波堤・岸壁


【釣行場所】
 伊方町二見 鳥津漁港

春休みになっている甥っ子に何を釣りたい?って聞いたところ、フカセがしたいとのことだったのでチヌやグレの情報を探したのですがあまり良い情報がなくて、佐田岬方面でメバル情報が多かったのでメバルでも良いかと聞くと、それで良いとの返事。

私自身、佐田岬での釣りは三崎港と三机でしか釣ったことがないのでどこにしようかなと悩んだ末、良く聞く鳥津に行くことにしました。

はじめての場所はどこが良いのか分からないけど、とりあえず右側の防波堤に行ってみました。
防波堤の付け根の辺りではグレらしき魚影がたくさん見えていましたが先端近くに陣取って釣りを開始。

まずは、フカセウキにタナ3m+ハリス1mでオキアミを付けて釣ってみましたがイソベラが釣れるだけでした。
アジの群が見えたのでサビキ釣りに変更しましたがボツボツ釣れる程度で思うように釣れません。
ジャミを撒くと何やら15~30cmぐらいの魚の群が集まってきました。

メバリングをしていた甥っ子が引っ掛けたら30cmぐらいのアイゴでした。背ビレや腹ビレには毒のトゲがあるのでキッチンバサミでカットしました。

さっき付け根で見たのもグレではなく、アイゴの群だったようです。
その下にはアジが見えたので付け根の方に移動して、サビキ釣りをすると入れ食い状態で1投1~2匹がジャミが無くなるまで続きました。

その後はサビキ釣りにメバルが喰い付いてきていたのでメバリングに変更し、防波堤沿いでチョンチョンさせていたらホゴとアナハゼは釣れましたがメバルは釣れませんでした。

満潮になり、18時過ぎで時間も時間なので納竿にしました。

周りの山にはヤマザクラがいっぱい咲いていました。

【釣行日】
 平成30年3月29日
 ※釣り時間 12:00~18:15
 ※釣り場まで1時間50分 80km

【潮汐表】
 宇和島港(中潮)
 高潮 6:10 17:58
 低潮 12:08 –

【釣果】
 アジ 約13~16cm 100匹以上
 メバル 12cm 1匹
 ホゴ 13cm,15cm 2匹
 アナハゼ 15cm 2匹
 アイゴ 21cm,28cm 2匹

【仕掛け】
 ウキサビキ
  ウキ 8号
  ハリ 5号
  ハリス 0.8号
  ドンブリカゴ 8号