2020
03.21

サバ狙いでサビキ釣り

防波堤・岸壁


【釣行場所】
 四国中央市 大王岸壁

最近、四国中央市の方でサバが釣れているようなので甥っ子を連れてサビキ釣りに行ってきました。
あまり東予方面には釣りに行かないので、いわくら釣具店に寄ってポイントを教えて頂いたのですが早朝に釣れているらしく、ちょっと遅く着いたみたいです。
教えて頂いた場所に行くと岸壁にはたくさんの釣り人がいました。帰っている人もいたので釣果を聞いてみると全然釣れていないとのことでした。

空いているスペースに入らせてもらい近くの人にタナを聞くと、「浅い時もあれば底の時もある。その時によって変わる。」って当たり前の返事でした。笑
水深は12mぐらいあるらしいのでウキサビキで底カゴまで10mぐらいと5mぐらいでスタート。とりあえず釣ってみて、よく釣れる方に合わせればいいことなので問題なし。

最初は全然釣れていなかったのですが、1時間ほどすると回ってきたのか周りで1匹、2匹と上がり釣れ始めました。
浅いタナに釣れていたので、どちらも5mぐらいにセットし、何とか5匹釣れました。

2人で20~30匹は釣りたかったんだけど、この調子では無理っぽいので昼過ぎで納竿にし、高浜でサビキでアジが釣れているとの話を聞いていたので行ってみることにしました。

【釣行日】
 令和2年3月21日
 ※釣り時間 9:30~13:20
 ※1時間15分 90km

【潮汐表】
 松山港(中潮)
 満潮 8:12 20:00
 干潮 1:31 14:18

【釣果】
 サバ 23~26cm 5匹

【仕掛け】
 ピンクスキン針10号
 幹糸4号
 ハリス3号